アメリカに、いらっ

アメリカ四年目も半分を過ぎた。長くいると「これだからアメリカは嫌なんだよ!」と思っていたものにも愛着がわき始めたりする。そんなものの羅列。

Sponsored link

七変化する名前

スターバックスでコーヒーを注文をすると「名前は?」と必ず聞かれる。コーヒーができたとき、名前で呼びかけるからだ。だけども、日本人の名前はなかなか正しく聞き取ってもらえないために名前が七変化する。私のスペルは「Akira」だけども、ざっと思い出すだけでこれだけのバリエーションが。

Akiru、Akaru、Aquila、Akila、Akee

Akeeはないだろ!最近はもうめんどうなので、「A」と伝えるようにしている。また聞きだけど、いろんな名前の書かれたコップをコレクションしている人もいるらしい。ユウサクというの名前は「YOU S*CK」に聞こえるらしく、定員さんがおののくという。

炊飯器

日本の炊飯器のハイスペックさに驚きを隠せない。アメリカに来てからしばらく鍋炊していたが、2年目から炊飯器を買った。しかし、設定が雑すぎて「Cook」と「Warm」の二択しかない。コンセントをさして、設定がWarmのままなのに気付かずにいると地獄をみる。数時間後、生暖かいべちゃべちゃのなにかができる。ふっくら炊きとか、そういうのが欲しいんだ。炊飯器を日本で買って持っていきたいけど、国際線に炊飯器をもちこむ勇気はない。誰か送って。

段ボール捨て場

アメリカはとにかくおおざっぱなので、ごみ収集のコンテナとかもやたらでかい。うちのアパートでも、レンガに囲まれた場所に段ボール用のコンテナが入れられている(緑のがコンテナ)。レンガのほうには入れやすいように切れ込みが入った親切設計なのに、それをガン無視するコンテナの存在感。このコンテナ、結構背がある(1.7mくらい)ので毎回ぴょこぴょこしながら投げ込まなければならない。こういうアメリカの雑さがいらだちを通り越していとおしい。

つまみ

うちのエアコンはつまみを動かしてOn, Offを切り替えるけれども、なぜか冷房とか暖房の順番が「Cool」「Off」「HEAT」「EMER」となっている。家を出るとき、つまみを左端までべちっとやれれば楽なのに、ああ、冷房にしちゃった!みたいなのを繰り返して毎回MPを20くらい消耗する。これは純粋に

いらっ

とする。

Sponsored link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *