読みやすい英語を書くための四つの”べし”

英語しんどい

論文を書くにあたって、日本人がぶち当たる最初で最後の壁は「英語」である。これはどうしようもない壁であるが、どうにかしないといけない壁でもある。そこで、大学院時にネイティブの先生に教えてもらった読みやすい英文を書くための覚書(+自身の経験則)を(自戒を込めて)残しておこうと思う。

SPONSOR LINK

1.主語と動詞のつながりをすっきりと見せるべし

ついついやってしまいがちなのが、なが~い主語。これは全然だめらしい。私がよく指摘されたミス(意味は通るけどわかりにくい)は、クラウズ(whichなどの関係代名詞)をつかって主語を長々と修飾してしまうことだった。なぜダメなのか。その文の主役である「主語と動詞」が初見でみつけづらいからだ。でもそれだと正確な英文書けないよ!という場合。それはそもそも適切な文構造を選び損ねている可能性が高い。能動態・受動態のどちらがよいのか、”It is”から始まる文にした方がよいのか、同じ意味の動詞でも自動詞と他動詞をスイッチすることでどうにかならないか、、、etc。「主語-動詞」のつながりがパッとみえる文構造をひねり出す。これだけで、「論文の可読性」はグンと上がる。たぶん。

2.クラウズはパラグラフ当たり1個くらいに絞るべし

1とも関連するが、クラウズの多用は厳禁である。日本語と異なり、クラウズを使うことで補足情報をどんどん付け足せるのが英語の特徴的な部分の一つである(と私は思っている)。だけどそれに頼ってはいけない。なぜか。クラウズのあまりにも多い英文は、いったい真に重要な情報は何なのかわかりにくいからだ。たぶん、クラウズを使いまくっているうちに、書いてる本人も何が大事か忘れ去っている。

3.長い一文は避けるべし

長い一文、とくに意味のない重文は絶対に避けるべきだ。むやみにAndやAlthoughのような接続詞を使って重文にすると、それだけで「ん?」と思われる可能性が高まる。重文は、重ねることでさらなる理解が促される場合にのみ使う。Becauseなどの理由を説明する重文はOKな場合が多い。

4.同じ表現の繰り返しは避けるべし

これは上記の3つと比べると重要度は低いが、できるだけ同じ構文やワードを連続して使うのは避けたほうが良い。これは言語的な特徴かもしれないが、英語は極端に同じ表現の繰り返しを嫌う傾向にある(気がする)。これを達成するためには、とにかく同じ意味でも複数のワードや構文を頭にストックしておく必要がある。これは今すぐどうにかなる問題ではなく、普段からどれだけ英語論文を(意識して)読んでいるか、ということに終始する。

だがしかし、冠詞はいつまでたってもわからん。

Spread the love
  • 4
    Shares