不運なRejectを避けるために

主著の論文が10本を越えてから、やっとIF > 4以上の中堅雑誌(Ecologyの分野では)に載せることができるようになってきた。それまでもレビューに回ることはあったが、一度とてアクセプトにこぎつけることはできなかった。さて、その勝敗の差を分けたのはなんなのであろうか、と自分なりに整理してみる。ただし、以下は十分良い結果が得られている前提で、いかにその結果を美味しく料理するか、という段階であるのであしからず。

一般性の担保

これは言わずもがなかもしれないが、IF > 4になると、特定の生態系、あるいは特定の分類群にしか当てはまらないことが明らかな現象は、Editor Rejectを食らう運命にある。ただ、普通は一種、よくても数種しか扱えないと思うので、いかに現象論として一般化できるのかをイントロとディスカッションで大きく、かつ説得力のある形で打ち出せるかが勝負どころ。大きく出るだけであれば簡単だが、やはり説得力を持たせるためにはかなり綿密な既存文献のレビューが必要になる。

新奇性の見せ方

新奇性があるにも関わらず、ぐだぐだと長い文章を書き連ね、新奇性がイントロの後のほうに出てくるのはよくない気がする。重要な知見の欠落を早い段階で指摘し(できれば2段落目、遅くとも3段落目)、そのギャップをいかにインパクトのある形で見せれるかが違いを生み出す気がする。

手法の説明

ここは見落としていたポイントだった。適切な手法を使っていようと、それが読者に伝わらなければ、それはトンチンカンな理由からリジェクトを食らう原因となる。私はベイズモデルをよく利用するのだが、その利点をあまり説明しなかったがために、「古典的なモデルを使ったほうが良い」という理由からリジェクトされた経験が何度かある。最近は、GLMMなどと比較して、こうした大きな利点がある、というのを明記するようにしており、この理由によるリジェクトはグッと減った。何度も「おれの方が正しいのに!」と思ったが、思い返してみれば「自分の手法の正しさをわかりやすく記述していない」ことが原因にあったのだ。自業自得であった。

結果の書き方

これも盲点だったのだが、単に「~の有意な効果が得られた」ではいけない。「コントロールと比べ、3~4倍もの~が生じることがわかった」のような、定量的なインパクトを示す記述が必要。いわゆる普通のジャーナルとトップジャーナルのResultの書き方を見比べると、この点は雲泥の差があることがわかる。印象が全然違うのだ、きっと。

弱点のカバーの仕方

どんな研究にも弱点はある。だが、弱点をただ認めるだけでいいのは下のレベルのジャーナルだけのような気がする。いかに弱点を「弱点らしからぬフリ」で守り抜くかが実は大事なテクニックであるように感じる。いかにさりげなく、だけどしっかりと研究の穴をガードするのか、これはなかなか難しく、数をこなさないとできないのだろう(まだ検討中)。

Supporting Informationの有効活用

想定されるネガティブなコメントで対処できるものであれば、面倒くさがらずにSIのなかで「こういう場合も想定されるが、それでも同様の結果が得られる」といったような記述を加えておく。上のJournalになるほど、ちょっとしたネガティブなコメントが入るだけで、一発リジェクトの危険性が高い。そうなる前に、予防線を張っておくのが無難である。

英語力

とにかく文献を読み、片っ端からいい表現を盗み取るに限る(文自体コピペはいかんけど、あくまで英語表現)。つたない英語表現より、読みやすい表現のほうが絶対アクセプトされやすい。また、経験上、つたない文章は、英文校閲による改善も限界がある。一定ライン(ゼロベンでTOEIC700~800点くらい?)を越えた英文は、校閲者がきちんと意図をくみ取ってくれるので、よりよい英語表現を的確にSuggestしてくれる(これは自分の英語力の改善と共にひしひしと感じている)。結局自分自身の英語能力を上げるのは必要不可欠で、常日頃から意識して鍛えるべき能力という他ない。

SPONSOR LINK

Spread the love
  • 5
    Shares